出展者情報

株式会社アイ・ディー・エクス

http://www.idx.tv/jp

IDXブースでは、これまでにない3つの開発商品を展示予定です。

  1. 「DUO-C98」と「DUO-C198」。現行モデルの容量アップ、SMBus通信対応、5LED残量表示、マウント部分を照らすLEDライトを搭載したコンパクトバッテリーです。
  2. ソニーUタイプマウントバッテリー「SB-U50」と「SB-U98」はD-TAPとUSB出力を搭載しD-TAP充電器「VL-DT1」での充電にも対応しています。
  3. ソニーLタイプマウントバッテリー「SL-F50」と「SL-F70」はX-TAP(7,2V出力)とUSB出力を搭載し現在開発中のX-TAP充電器「LC-XT1」による充電にも対応しています。

ASK M&E

http://www.ask-media.jp/

ASK M&E ブースでは、撮影、編集、納品作業の高速/効率化を助け、映像制作のトータルコスト削減を実現するソリューションを紹介します。
・ワイヤレスタイムコード同期システムで知られる Timecode Systems 社のデバイスを展示。マルチカム収録を劇的に変えることができます。
・GB Labs 社の高速 NAS ストレージ & LTO アーカイブ製品 ”Easy LTO” を展示。共同作業の必要な全ての映像制作チームにぴったりです。
ワークフローの共有をテーマに、撮影と編集分野のカッティングエッジな最新の製品を展示します。
この機会に是非弊社ブースへお越しください。

アドビ システムズ株式会社

http://www.adobe.com/jp/

ATOMOS株式会社

http://atomos.com

ATOMOSブースでは4k60p対応のSHOGUN INFERNO、NINJA INFERNOを始め、SHOGUN FLAME、NINJA FLAMEの高輝度パネルによる「AtomoHDR」の機能を中心に4Kカメラとのセットアップをご紹介します。
・SHOGUN INFERNO
・NINJA INFERNO
・SHOGUN FLAME
・NINJA FLAME
・SAMURAI BLADE
・NINJA BLADE
また先日のNABで発表しました19型のSUMOも参考展示予定です。
皆様のご来場をお待ちしております。

アビッド テクノロジー株式会社

http://avid.com/jp

今年のNABにてAvidは、ソフトウェア定義型メディア共有ストレージのAvid NEXISのさらなる機能拡大を発表しました。4Kなどの高解像度制作に対応するべく、1シャーシあたり600MB/sへ帯域幅を向上し、ストレージ容量はプロジェクトニーズに合わせて20TBから最大2.88PTまで自由に拡張することができます。After NAB Tokyoでは、Avid NEXISとMedia Composerを中心とする高解像度制作ソリューションのほか、高性能音声解析により必要なテイクやクリップを素早く検索することができるPhraseFindや、台本と関連メディアファイルを同期させるScriptSyncなど、クリエイティブな作業に集中することが可能になるMedia Composer最新オプションもご覧いただけます。
また、スポーツ番組のスローモーション・リプレイ、ハイライト・シーンやニュース速報を素早く簡単に作成できる、多用途インジェスト/プレイアウト・ ソリューションのPlayMaker™ を国内で初めて実機展示予定。Avid NEXISやMedia Composerとの組み合わせ、さらにFlexFXオプションも活用した、スムーズかつ魅力的なスポーツ番組の制作環境をご紹介します。

AWSエレメンタル

http://www.elementaltechnologies.com

放送とIPの融合化における煩雑なビデオ処理ワークフローを合理化し、最大限に活用できる、クラウドおよびオンプレミスのシステムを紹介します。クラウドベースによるライブチャネルプレイアウト機能、フレーム精度のLive to VOD処理など。NABで発表した、新ライブエンコーダー製品の動体デモンストレーションを初公開します。

伊藤忠ケーブルシステム株式会社

http://www.itochu-cable.co.jp

・YoSpace「ダイナミック広告挿入システム」映像のネット配信で重要度が高まるダイナミック広告挿入システム
・Broadpeak 「CDN効率化」:複数のCDNにまたがることで高いQoSと高画質を実現するCDN Diversity
・IneoQuest 「サービス品質モニタリング」:QoE/QoS監視をEnd-to-Endで実現する監視システム
・Versio 「IP送出システム」:Avid Interplay | Productionと連携可能な4K/HDキャプチャサーバ。
・Telestream 「ファイルベースワークフロー」:ファイルベーストランスコーダVantageと、キャプチャサーバのLightspeed Live Captureを連携展示
・送り返し用 超低遅延IP伝送システム:最新技術のMMTとHEVCを採用した、超低遅延IP伝送システム
・Cinegy 「Cinegy Capture PRO」:既設のNLEシステムを使ったインジェストソフトウエア製品
・Facilis Technology 「TERRA BLOCK Version7.0」:Webコンソールの採用など新機能が多数追加

株式会社ヴィレッジアイランド

http://www.village-island.com/

展示内容のキーワードは、4K/8K伝送、TICO、12G-SDI、SMPTE 2022-6/7、マルチビューワ、TS記録再生。


・VICO-4/8: 4K/8K60p(4:2:2)のSDI入力映像をTICOコーデックで4:1に圧縮し、1本のSDIケーブルで伝送するTICO SDI コンバータ。VICO-4は4K対応、VICO-8は8K対応。TICO(SMPTE RDD35)は、圧縮による視覚的画質劣化のないビジュアリ―・ロスレスで超低遅延伝送が可能。
・BarnFind: BarnMini-11は12G-SDIと光との小型軽量のメディアコンバータ。SMPTE 2022-6/7対応のSFP+トランシーバに対応。
・Quales: 高機能、ローコストな映像品質自動評価ソフト。 4K HEVCを含むほとんどの放送コンテンツを検査可能。フリーズ等エラーを自動検出しレポート作成まで自動化する。
・FlexViewer: IP/SDI入力対応、高性能マルチビューワ。Mpeg-2@9.5Mbps素材では、45チャンネルまで表示可能。装置のカスケード接続が可能で、H.264素材で35チャネル分の表示も可能。最大出力解像度は4Kで、自由なレイアウト出力が可能。
・FlexRecorder: 高性能でローコストなSDI入力TS記録再生装置。 UHD 4Kを、ビジュアリーロスレスJPEG 2000コーデックで記録することが可能。

株式会社エーディテクノ

http://www.ad-techno.com/

ラスベガスNAB2017にてDIGITAL FORECAST社ブースで発表された新製品「FS・ビデオ/オーディオディレイ機能搭載SDI/HDMIコンバーター」を日本初展示します!
また、従来の世界最小クラス マイクロコンバーターBridge_Mシリーズや簡易アナライザ機能搭載のアップ/ダウン/クロス対応マルチコンバーター【X_TS】を含むBridge_Xシリーズも展示致します。エーディテクノブランドからはSDI入力が可能な7~21.5インチモニターを展示します。その他にもHDBaseT製品から4K UHD伝送対応HDBaseT HDMIスリムエクステンダー60m【HD-06TX】(送信機)/【HD-06RX】(受信機)のほか、フィールドモニターからはロングセラー製品の薄型軽量4K@30pHDMI入出力対応7型IPS液晶モニター【75HA】など多数の製品を展示予定です。この機会に是非弊社ブースへお越しください!

EIZO株式会社

http://www.eizo.co.jp

NAB Showでお見せしたEIZOオリジナルのHDR制作ワークフローを日本でもたっぷりとご紹介します。4/18に発表しました当社初の31.1型HDRリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145」を国内で初めて展示します。 CG3145は、高輝度1000cd/m2と、液晶モニターとしては世界初となる100万:1の高コントラスト比を実現し、「PQ方式」「Hybrid Log Gamma方式」を含む、さまざまな規格のガンマに適応しています。
ブースでは、CG3145に加えて、制作・編集用途にHDR(PQ方式)表示対応にアップグレードできる「ColorEdge CG318-4K」も展示し、専門のスタッフが映像制作をぐっと快適にする数々の専用機能をご紹介。 HDRコンテンツの撮影・編集からカラーグレーディングにいたるまで、ワークフロー全体を正しい色で確認・評価できる環境をご紹介します。ぜひお見逃しなく!

▼展示製品の詳細はこちら
http://www.eizo.co.jp/products/ce/cg3145/
http://www.eizo.co.jp/products/ce/cg3184k/

株式会社HGSTジャパン

https://www.hgst.com/ja

◆G-Technology
クリエイティブプロフェッショナル向けにストレージソリューションを強化した新製品
ビデオグラファーやデジタルフォトグラファーなど、負荷の高いデータ処理やクリエイティブなアプリケーションに対応したストレージソリューションを要求するクリエイティブプロフェッショナル向けにデザインされた今回のThunderbolt 3やUSB-C接続に対応する製品は、より大規模なThunderbolt 3のエコシステムにシームレスに統合する完全な大容量ストレージのワークソリューションです。
*Thunderbolt 3製品は、5年間無償保証です。
-G-SPEED XL Shuttle :Thunderbolt3データ転送速度最大2000MB/s
-G-SPEED XL Shuttle w ev series Bay adapter:Thundrrbolt3
データ転送速度最大1500MB/s
-G-RAID:Thunderbolt3,USB-3.1(10Gbps),HDMI2.0
-G-DRIVE:Thunderbolt3,USB-3.1(5Gbps)
-G-DRIVE USB-3.1(5Gbps)

AJA VIDEO

https://www.aja-jp.com/

AJA VIDEO ブースでは、4K60pや HDR の放送向けに HLG(ハイドリッド Log ガンマ)方式に対応した最新製品と、ハイレベルな映像制作を実現する製品郡をご紹介します。
・1台で最大HD 4チャンネル収録可能なレコーダー&プレイヤー Ki Pro Ultra Plus
・HDRにも対応した4K SDI/HDMI 変換コンバーター
・HDR/SDR のリアルタイム変換が可能な FS-HDR
2017 年の NAB では、数多くの HLG 対応製品が発表されました。
その他にも ROI シリーズなど、新製品を中心に AJA の幅広い製品ラインナップを使ったワークフローをご提案いたします。

ATV株式会社

http://www.atvcorporation.com

■4CH HD LIVE AV MIXER 『A-PRO-4』
各ボタンやTバー、スライダー等、感触の良い直観的操作で最大級の結果を提供するプロクオリティのAVミキサー。2K/60Pまでを10Bit/4:4:4処理、マルチフォーマット対応、外部同期対応、WEB中継にそのまま使えるストリームをUSB出力。
■8CH MULTI-FORMAT VIDEO SWITCHER 『MS-8』
テレビ会議やプレゼンテーションに最適。フォーマットがバラバラの映像ソースであっても、内蔵スケーラーによりすべてのビジュアルをスマートにコントロールしつつ、WEB中継にそのまま使えるストリームをUSB出力。
■VIDEO CONVERTER 『AV-5S/AV-3 SERIES』
フレームシンクロナイザー、フレームレートコンバーターにもなる高性能コンバーター。SDI⇔HDMIの単純変換では済まない一歩進めた用途に最適。

エクセルソフト株式会社

https://www.xlsoft.com/jp/

インテルプロセッサー上でアプリケーションを高速に動作させたい方は必見の開発ツールをご紹介します。ブースではデモもご覧いただけます。


下記のメディア処理向けインテルソフトウェア開発製品を紹介します。
■ インテル Media Server Studio / Media SDK
Intel プロセッサー向けメディア処理アプリケーションの開発キット
■ Intel Video Pro Analyzer
ビデオストリームの詳細解析ツール
■ Video Quality Caliper
複数のビデオ品質を視覚的に比較する品質検証用ツール
■ Intel Stress Bitstreams and Encoder
HEVC規格、またはVP9 規格に準拠したデコーダー開発向け検証、デバッグ用パッケージ

上記のツールを使用することで、高品質なエンコーダー、デコーダーを迅速に市場へ投入することが可能になります。
具体的には、インテルプロセッサーには H.265 などをハードウェア処理する GPU が内蔵されていますが、インテルソフトウェア開発製品を使用することでそれらの機能や処理能力をかんたんに活用することができるようになります。

エヌ・イー・ピー株式会社

http://www.nepinc.co.jp

アメリカNABで出展をした新型カメラシューシリーズや、パワータップ4口Vマウントプレート、LEDハンディライト等を展示致します

エムアイシー・アソシエーツ株式会社

http://www.micassoc.co.jp

NAB Show 2017にてTiger Technology社ブースで発表された、映像ワークフローに特化した「Tiger FAN」(ファイルエリアネットワーク)ワークフローエンジンを展示致します。

Tiger FANは、Windows、Mac、Linuxユーザーをサポートし、あらゆる編集アプリに対応しています。Avid Media Composerのネイティブレベルのサポート提供や、Final Cut Pro Xなどのネットワーク編集機能にも対応しています。 Adobe CC、Edius、Blackmagic、Filmlight、Baselight、Nuke、Flame、Smoke、その他すべての映像編集・3Dアプリケーション等を使用することができます。

Tiger FANのファイルエリアネットワークエンジンは、高性能、高可用性で、クロスプラットフォームに対応したSANとNASのハイブリット型スケールアウト共有設定や、複数のボリュームを1つのストレージプールに結合することができるスケールアップエンジン、またユーザーとプロジェクトが特定の物理リソースに縛られるのを防ぐ仮想ストレージリソース(ワークスペース)の作成、・管理・割り当てなど、ソフトウェアエンジンを組み合わせる事で、理想的なファイルエリアネットワークを構築する事かできるソリューションです。

あらゆるデジタルメディア制作の生産性と効率が、Tiger FANで向上可能です。皆様のご来場をお待ちしております。

大阪工機株式会社

http://www.osk-k.co.jp/

4K映像伝送用の光ファイバーシステムを紹介します。

1) OPHIT & 光ファイバーソリューション
HDMI2.0、DP1.2を長距離伝送するための伝送機器と多チャンネルを一括コネクト出来るジョイント方式を採用した光ケーブルをご提案。
医療現場、TV中継、企業発表会、医療ライブなど、配線作業の省力化をご紹介いたします。

2) ホームシアター向け4K60P(4:4:4)24bit 光ファイバーシステム
4Kプロジェクターをお持ちの方には必見の最高画質をご提供致します。Real 4Kを距離に関係なく長距離伝送致します。
シアタールームの完成後にも配線しやすいように、コネクタ挿抜が可能で細くても『折れない』光ファイバーをご覧ください。

3) 最大24Gbpsを1本の光ファイバーでCWDM伝送
高解像度によるハイスピード伝送は回路を複雑にし設計者を悩ませます。当社は1モジュールで様々なプロトコルに対応出来る光モジュールをご提案致します。
医療関係機器や画像伝送システムをノイズレスな光へ変換しシンプルな伝送システムが構築出来ます。

オタリテック株式会社

http://www.otaritec.co.jp

デジタル・ブロードキャスト・コンソールLAWO社よりNAB2017にて発表された新しいフラッグシップコンソール mc296を出品予定です。
mc296は完全なIP接続をベースとし、大規模フォーマットでのミキシング、ルーティングを中心にブロードキャスト・映像の現場に最適なパフォーマンスを提供します。そしてエンジニアがサウンドメイキングに集中できるようするための革新的なミックスアシスト機能を搭載。mc2シリーズコンソールの最高峰を体感していただけます。

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

http://canon.jp

4K HDRを軸にCINEレンズ、4Kカメラ、4Kディスプレイの連携によるキヤノン製品の高画質/高性能訴求及び、4K HDR入出力ソリューション提案します。

株式会社キャムキャスト7

http://www.camcast.jp/

米Teradek製品の総販売代理店として、Teradek社から発表された新製品を展示します。

●超小型HEVC(H.265)エンコーダ [CUBE700シリーズ] [CUBE800シリーズ]
‑ 消費電力わずか6Wの、超小型HEVCエンコーダ
‑ 1台でAVCとHEVCを切り替えて使用可能
‑ CUBE700は1080p/60、CUBE800は2160p/60までの解像度/フレームレートをサポート

●新型CUBE用ボンディングモジュール、3G/4G/LTE用ライブ映像配信システム [BOND]
‑ 新型CUBE(HEVC)へドッキングし複数回線を束ねてストリーミング

●Teradek 初のデータ通信端末 [NODE]
‑ 標準SIM対応のTeradek製モデム
‑ CUBEやBONDとの組み合わせで、3G/4G/LTEライブ配信が簡単に実現

●iOS対応のワイヤレスモニタリングシステム [SERV] [SERV PRO]
‑ 最長90mまで、ワイヤレスでハイビジョンリアルタイム伝送が可能
‑ 4つのiOSデバイスへ同時送信が可能な[SERV]、上位モデル[SERV PRO]なら最大10デバイスに対応

●高性能Wi-Fiアクセスポイント [LINK]

●RED DSMC2専用ワイヤレス伝送システム [BOLT]

この機会に是非弊社ブースへお越しください。

共信コミュニケーションズ株式会社

http://www.kycom.co.jp

NAB Show2017で大変好評いただきましたSGO Mistika、Avid編集システムなど、4K制作ワークフローの展示をいたします。是非この機会に、弊社ブースへお立ち寄りください。

●SGO Mistika / Quantum
4K・8Kフィニッシングシステム

●Media Composer/ Pro Tools、 Avid NEXIS|PRO Adobe Premier Pro / ODA
4K/HD(HDR)対応ローコスト編集システム及びMA編集までのトータルシステム

●レンタル
新製品POVCAM/DP-V1710のセット展示

クロスイメージング株式会社

http://crossimaging.jp

クロスイメージング株式会社は、放送メディアに向けた地震・津波などの防災情報送出システム、気象情報システム、緊急地震速報システム、CATV 向けお天気チャンネルシステムなどを出展します。
迅速かつ正確な情報伝達が求められる放送業界のニーズに対応 するため、アプリケーション・ソフトウェアはもちろん、グラフ ィックスボード、ドライバや各種デバイスも自社で設計開発し、 保守運用サービスまで一貫したソリューションを提供しており ます。今後気象庁より新たに提供されるGPV などのビックデー タに対しても、タイムリーに対応できる体制を整えております。 長年にわたる経験とノウハウを生かし、高速かつ安定稼働を実現 しており、日本全国のテレビ局様、BS,CS 局様、ケーブルテレビ 様などで現在も日々ご利用を頂いております。

株式会社コスミックエンジニアリング

http://www.cosmic-eng.co.jp/

4K/12G-SDIをベースにした次世代放送制作・中継に欠かせない様々な製品群と新機種の発表を行います。
■UMCシリーズ(放送用4K/12Gミニコンバータ):単体バッテリー運用、ラック搭載等
4K/12G-SDIベースの制作設備や中継設備に欠かせない、分配/フレームシンクロナイザ/音声MUX・DEMUX/光ファイバー伝送/
フォーマット変換等、11機種を参考出展にて新発売致します。
■C5000シリーズ(光/12G/4K/3G/HD/SD/アナログモジュールシステム):4K放送・IP放送運用に
最適にインテグレーション可能な広範なラインナップを有するモジュールシステムです。
4K~アナログ信号まで各モジュールとも全て省電力設計・SNMPによる監視・設定対応を実現しております。
システムフレームは極限まで軽量化を達成致しました。
真にコンパクトな中継運用を実現するのに最適なモジュールシステムです。
■SP-MX1/MX2(16チャンネルミキシングオーディオモニタ):左右チャンネル独立で
16chオーディオミキシングとch毎のレベル調整が可能なハイパフォーマンスのオーディオモニタを新発売致します。
この他にも次世代放送制作・中継に欠かせない各種製品を運用パターンの説明を交えながら訴求して参ります。

株式会社サードウェーブデジノス

http://www.diginnos.co.jp/

日台共同制作の映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど」。この映画の編集はフィニッシュまですべて、4Kネイティブ編集対応のWindows PC上でAdobe Creative Cloudを使用して行われました。実際の映画制作に使われたソリューションを、実働状態で展示いたします。

会場で皆様のお立ち寄り、お待ちしております。

株式会社シグマ

http://www.sigma-global.com/jp/

NAB SHOWでも展示されたシネレンズ、FF High Speed Prime Line の各機種を展示予定。フルフレームのイメージサークルを持つFF High Speed Prime Lineは、すべて6K-8Kクラスの高解像撮影に最適な最高レベルの光学性能です。

株式会社Spectee

http://spectee.co.jp

Spectee社が展開する報道機関向けソリューション『Spectee』のデモを行いサービスを体感できます。

弊社は特許技術のAI(人工知能エンジン)を活用してSNS上の動画や写真をリアルタイム解析し、ニュースの現場映像を24時間報道局に伝えるサービスを提供しているスタートアップベンチャーの会社となります。

西華デジタルイメージ株式会社

http://www.seika-di.com

8K S35相当サイズの新型Heliumセンサーを搭載したRED Digital Cinema。8K 60P時代を牽引するフラッグシップモデル。
極寒の雪山、荒れ狂う海洋。過酷な環境に耐える防塵・防水・耐衝撃設計のタフネスLED。消防業界も認めたその信頼性を撮影業界でも。

株式会社テクノハウス

http://www.technohouse.co.jp/

◆FilmLight<フィルムライト>
映画・テレビ・コマーシャルの制作現場で使用されているカラーグレーディングとフィニッシングシステムです。

【Prelight】(プリライト)
Mac OS Xアプリケーションで、撮影監督をはじめ、クリエイティブ・スタッフがルックを作るのを可能にします。洗練されたカラーコレクションとカラーマネージメントを搭載しており、プロダクション・プロセスの初めから終わりまで、すべてのステージでFilmLightのBLGワークフローを実現します。

【FLIP】(フリップ)
リアルタイム・イメージ・プロセッサーで、カメラのライブ出力にルックアップ・テーブルやグレーディング、フィルターをオンセットで適用することができます。カメラとモニターの間に接続されたシングルまたはデュアルのHD-SDI信号の系統にFLIPを挿入するだけのセットアップです。GPUで加速されたハードウェアに、Baselightのグレーディング機能とTruelightカラースペース技術を組み合わせることで、生の映像にルックを適用することができます。


◆ConvergentDesign<コンバージェントデザイン>
デジタルシネマやCM、各種映像制作の現場にて使用されている大好評のフィールドレコーディングモニター「Odyssey7Q/7Q+」、そして4chのHD-SDI信号同時収録を可能にした「apollo」を出展いたします。

【Odyssey7Q/7Q+】(オデッセーセブンキュー/セブンキュープラス)
HDから4K信号まで記録することができるフィールドレコーディングモニターです。SDIもしくはHDMI信号を入力し、非圧縮DPXファイルやProRES圧縮での記録が可能です。7.7inchのOLEDパネルを搭載し、鮮明度が高く、また視野角が広いため屋外でもはっきりとした映像を確認することができます。タッチパネルでの操作、560gという軽量、200×155×25mmと小型ながらマグネシウムを使用した筐体と効率的な設計によりファンレスを実現。そして広い対応電圧(6.5~34V)と低消費電力(8~18W)により、様々なシーン・場所での収録にも対応します。データ記録には信頼性が高く、かつ大容量なSSDを使用。SSD挿入口を2スロット搭載して冗長性、そして記録可能時間の大幅な延長を実現しました。 さらには別売りソフトウェアオプションを追加することにより、CANON、SONY、ARRI等のカメラから出力されるRAWデータの収録にも対応。カメラが持ちうる性能全てを引き出します。

【apollo】(アポロ)
Odyssey7Q/7Q+の性能を引き継ぎつつ、4ch HD-SDI信号の同時収録を可能にしたモデルです。 最大4chのHD信号と、ライブスイッチ、あるいはクアッドスプリットの5番目のチャンネルを同時に記録することができます。また、4chのHD信号を収録中、同時に4chのライブスイッチングも可能で、モニター、レコーダー、スイッチャーの機能を1つの筐体に併せ持ったマルチカメラレコーダー、そしてライブスイッチャーです。SSDはもちろんのこと、バッテリーなどの電源系統、各種アクセサリもOdyssey7Q/7Q+シリーズのものと共通化することが可能で、複数のレコーダーを一体として運用・管理することができます。

会場で皆様のお立ち寄り、お待ちしております。

テクノロジー・ジョイント株式会社

http://www.tjc.ne.jp

ドイツSpin Digital社 8K対応HEVCリアルタイムメディアプレーヤ: NABでリリースをしたドイツSpin Digital社の世界最速レベルリアルタイム8K HEVC/H.265プレーヤ(ソフトウェア)を展示。汎用ワークステーションで高ビットレート8K 10bit 120fpsを実現。VR 4Kに必要な16Kリアルタイムデコードも予定。ソフトウェアエンコーダも提供。
アプリケーションソフトウェアの提供をはじめ、コーデックSDKのご提供、コーデックのカスタマイズ、コンサルティングなど、随時承っております。URL: http://spin-digital.com/

Datapath
Datapath Fx4-SDIは、Displayport1.2、HDMI1.4または3G-SDIからの入力信号を3G-SDI4系統(最大165MP/s)へ出力可能で、複数ディスプレイにまたがった表示をクローン/回転/トリミング/スケーリング/ミラーリング/ベゼルコレクションを行い出力可能な、スタンドアローン型ハイパフォーマンスディスプレイウォールコントローラです。
URL:http://www.elsa-jp.co.jp/cat-products/video-wall/

株式会社Too

http://www.too.com

映像系展示では4K60P編集ターンキーシステムを展示いたします。 「Adobe Premiere Pro CC」「Blackmagic Design DaVinci Resolve」を快適に操作が可能、DPX連番,HDR,HLGにも対応しています。 また、エンコードソフトで定評のあるMain Concept 「NewLion MC Encoder」の最新ソフトウェアも展示いたします。 ブースにて体験可能ですので是非お越しください。 CG系展示ではAutodeskの新しいクラウドベースのプロジェクト管理ツール「Shotgun」をご紹介します。 Shotgunは、映像・アニメ制作などにおいて、工程管理やバージョン管理に威力を発揮します。さらにレビューや仕様書のやり取りといった、チーム間の連携ツールとしても強力な機能を備えています。 また、付属のハイエンド連番再生ツール「RV」も合わせてご紹介をします。チェック用の外部出力や、ローカルファイルとShotgunの橋渡しとしてスムーズな作業進行を支援します。 国内での導入が着々と広がる中、ぜひこの機会に一度ご覧ください。

日本アイ・ビー・エム株式会社

https://www.ibm.com/jp-ja/

本ブースでは クラウドやオンプレミスのストレージから直接、 大容量ファイルやデータセットの共有を実現する SaaS ソリー ション「IBM Aspera Files」をご紹介します。利用者の間で映像 を素早く共有することで、プロダクション・サイクルの短縮に貢 献します。
Aspera Files は、FTP の数十倍以上の速さで、距離やネットワ ーク品質を超えて、あらゆるデータをいつでも/どこでも/誰とで も安全に超高速転送する FASP 転送技術を採用しています。ワ ークスペースという単位でコラボレーション・スペースを管理 し、アップロードされた動画や静止画ファイルをオンラインでプ レビューする機能を提供します。
また、高い評価をいただいている FASP 転送技術を使って、イ ンターネット回線でライブビデオ配信を実現する Aspera FASPStream も合わせてご紹介します。
ぜひお気軽にお立ち寄りください。

日本コントロールシステム株式会社

http://www.nippon-control-system.co.jp/index.html

日本コントロールシステム株式会社では、8K機器開発向けの機器を展示します。
「DRB8000」シリーズは実行レート200Gbpsで非圧縮8K120HzRGB444映像データを最大30分録画可能なハイエンドデータレコーダです。
「DAB8000 mini」シリーズはUHDTV対応機器開発に使用するモニタ機能を1台に集約したマルチファンクション解析装置です。
機器開発だけでなく既存システムから8K機器へのスムーズな移行にも最適な1台となっております。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

日本デジタル・プロセシング・システムズ

http://www.dpsj.co.jp/

DPSJ(日本デジタル・プロセシング・システムズ株式会社)は、ビデオ・オーディオのストリーミングとファイルベースのソリューションを取扱っております。

【展示製品(予定)】

  1. Wowza Streaming Engine (ワウザ・ストリーミングエンジン):あらゆるデバイスにライブ & オンデマンドストリーミング配信
  2. THEOplayer (ジオ・プレイヤー):プラグイン不要。HLS 再生を実現する唯一の HTML5 ベース動画プレイヤー
  3. Vidchecker (ビドチェッカー):ビデオ・オーディオファイルの自動QC & 自動補正。頼れるファイルベースQCシステム
  4. Magewell (メイジウェル):高品質・多機能・リーズナブルなキャプチャ拡張カードとポータブル USB デバイス

株式会社ニューエックス

http://www.newx.co.jp/

cinedeck社

スタンドアローンソフトウェアのcineXtools cineXinsertは、NLEから最終工程で出力されたファイルにたいして直接インサート編集を可能とします。ポストプロのリテイク作業に大きな省力化をご提供致します。対応OSは、Mac/Windowsです。
対応解像度は、SD~4K、コーデックは、ProRes / DNxHD/DNxHR/XDCAM HD/XAVC/AVCです。
特に、4K XAVCのインサートについては今後の必須ツールになると確認しています。

NEXTODI 新製品
NAB2017のNEXTODIブースで出展されました。
現行製品のNVS2801のインターフェースを一新して複数のメモリーカードからUSB外付けストレージ2台に同時にバックアップ&ベリファイを可能とします。
対応メモリーカードSD/SDHC/SDXC/microSD(UHS)
CFast /XQD/SxS/P2/Express P2/RED miniMAGです。
モデルは、7機種になります。

Visual Research Inc.

http://www.vricg.tv/jp

スイッチャー無し・レンダリング無しのリアルタイム編集システム「VRi Karisma RDL(Real-time Data Link)」

煩わしいレンダリングを必要としないパワフルかつ洗練されたグラフィックの編集を可能にするキャラクタージェネレーター「KarismaCG」に、XAVC,ProResにも対応したマルチコーデック録画再生機「D-Stream」を組み合わせることで、スイッチャーが無くても映像とテロップを合成できる、リアルタイム編集を実現します。

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

http://www.vpj.co.jp

映像ビジネスの可能性はこれまでのブロードキャストやエンターテイメントの世界からSNSやeコマース、ブライダル、教育、商品プロモーションなど幅広い分野に拡がり、映像制作におけるプレイヤーや制作ワークフローも多様化してきました。
最先端のDAMシステムとしてCIERTOは多様化する映像ビジネスに着目し、映像制作におけるコスト削減と納期短縮そして万全のセキュリティ体制をサポートするプロダクションワークフローを提供します。

株式会社フォトロン

http://www.photron-digix.jp/

フォトロンブースでは、【 4K HDR映像制作ソリューション 】をキーワードに、4K HDR映像制作に対応した製品を中心に、NAB Show 2017で発表された最新情報などをご紹介します。豊富な取扱い製品のなかから、お客様のニーズにあわせた最適なワークフローをご提案いたします。ぜひ皆様お誘いあわせのうえ、お気軽にご来場ください。

[出展製品]
・Avid
-MediaComposer with Artist|DNxIO
-Avid NEXIS E4
・BlackmagicDesign
 - DaVinci Resolve STUDIO
・Telestream
 - Vantage
・ROHDE&SCHWARZ
 - VENICE 4K
 - Spycer Box Cell

ブラックマジックデザイン株式会社

http://www.blackmagicdesign.com/jp

ブラックマジックデザインでは今年のNABで発表された製品を中心に新製品の数々を展示いたします。ライブプロダクションのセクションでは、スイッチャーとパネルが一体となったATEM Television Studio Pro HD、SDカードのレコーダー/プレーヤーHyperDeck Studio Mini、ウェブストリーミングに最適なBlackmagic Web Presenter、シネマカメラとしてだけではなくライブカメラとしても使用できるURSA Mini Pro 4.6Kを展示します。ポストプロダクションのセクションでは、DaVinci Resolve 14を中心に、新しい純正パネルDaVinci Resolve Mini Panelを含めてご紹介します。DaVinci Resolve 14は、昨年買収したFairlight社のテクノロジーを搭載し、いまやノンリニア編集、カラーグレーディング、オーディオ編集の3つの分野をカバーする統合型のソフトウェアに変貌を遂げました。After NAB TokyoではFairlightのコンソールパネルも展示いたします。

平和精機工業株式会社

http://www.libec.co.jp


新製品である自立式ビデオモノポッドHFMPと小型軽量カメラ向け三脚TH-X、そしてNAB2017でお披露目しましたLANC小型カメラ用ズーム&フォーカスリモートコントロールZFC-Lを展示します。
目玉展示のHFMPはフットペダルを踏みこむことで撮影時にどの方向からも自立の固定と解除を瞬時に切り替えることができ、従来の一脚が抱える取り扱いの煩わしさを解消し、撮影の機動力を飛躍的に高める商品です。
また、TH-Xは小型軽量カメラ向けのエントリー三脚でありながら65mmボール三脚とフラットベース三脚、どちらにも取り付け可能なデュアルヘッド仕様やワンタッチ着脱機構のスライドプレートなど上位機種譲りの機能を持った軽量性、堅牢性、操作性をバランスよく兼ね備えた三脚システムです。
ZFC-Lは三脚のパンハンドルなどへ下向きに取り付けても通常のズーム操作ができる切替スイッチが新たに加わりました。取り付けはクランプ式で、最大直径45mmまでの丸パイプに対応、一脚/HFMPのグリップにも取り付けることができます。

POVCAM

http://panasonic.co.jp/avc/psn/ssj

・初代POVCAMから継承した小型・軽量・フリースタイルに、さらに進化した操作性と運用性
・IPコントロール/IPストリーミングでネットワーク運用、3G-SDI/HDMI/IP同時出力などシステム機能が充実
・SDXCメモリーカード対応ダブルスロット&リレー記録、高画質&長時間収録に対応したメモリーカードレコーダー
・広角29.5mm/光学20倍ズームレンズ搭載、画質・画角・機能を一新したコンパクト・カメラヘッド

株式会社マウスコンピューター

http://www.mouse-jp.co.jp

高負荷な4Kノンリニア編集に快適な描画レスポンス実現する高性能ワークステーション

◇インテル® Xeon® プロセッサー E5-2620v4×2基対応、 ハイエンドグラフィックス Quadro P5000搭載 デスクトップワークステーション

◇15.6型 Quadro M1000M搭載のモバイルワークステーション

◇インテル第7世代CPU搭載のリアルタイム3DCGの映像制作、編集、制御用パソコン!VRゲーム開発、アートなど多様なニーズを快適にする最新の Geforce GTX 1080Ti、高速!インテル® SSD 600pシリーズ搭載PC クリエイター向けブランドDAIVシリーズ

◇iiyamaブランドより、PIP/PBP機能搭載 4画面分割表示可能な4K対応ディスプレイなどご紹介します。

武蔵エスアイ株式会社

http://www.musashi-si.co.jp

PHABRIX社は信号発生器/測定器のメーカーで、この度のNAB にて、Qxシリーズの新バージョンを発表致しました。
1.5G/3G/6G/12G-SDIに対応し、HD~4Kまでの解像度の信号発生及び測定機能を有する装置です。
リアルタイム12G-SDIアイパターン測定、各種タイミング測定、波形表示、ベクター表示、HDR、WCGの各種測定が行えます。
SMPTE ST 2022-6対応の10GbEインターフェース装備、8Kへの将来対応も検討中です。

Bittree社は高性能パッチ盤の専門メーカーで12G対応のパッチ盤を発売致しました。今回は4k/8k対応の新製品の展示を行います。

Snell Advanced Media社製Quaser XFは高画質/ローコストのファイル相互変換及びアップ/ダウンコンバータです。Snellの映像変換技術を使用した高画質が特徴です。

株式会社メディア・インテグレーション/ROCK ON PRO

http://pro.miroc.co.jp/

マウスコンピューターより、NVIDIA Quadro搭載の 4K超高解像度映像編集対応のプロユースPCと、4K対応ディスプレイのご紹介。

Quadro M5000とK2200とのパフォーマンス比較デモを行います!

高負荷な4K映像編集、に快適な描画レスポンス実現する ◇CPU 2基搭載、Blackmagic Design DeckLink 4K Extreme対応の高性能ワークステーション ◇15.6型Quadro搭載のモバイルワークステーション

最前線で活躍するクリエイターの意見を参考に開発した今話題の新製品! ◇2016年3月発売開始のクリエイター向け、エンジニア向けの新ブランドDAIVシリーズ

◇iiyamaブランドより、PIP/PBP機能搭載 4画面分割表示可能な4K対応ディスプレイなどご紹介します。

会場で皆様のお立ち寄り、お待ちしております。

Mellanox Technologies / サーヴァンツインターナショナル株式会社

http://www.servants.co.jp

Mellanoxブースでは、自社開発のスイッチシリコン(IC)を搭載する、Spectrumシリーズ、SN2100を中心としたEnd-to-Endソリューションをご紹介させていただきます。

2020年に向け、これまでの4K8K非圧縮の映像編集分野に加えて、伝送分野でのIP化、コンテンツ配信など、様々な映像分野においても、ますます広帯域幅が必要となってきています。 メラノックスのSpectrumシリーズは、1/10/25/40/50/100ギガビットをサポートし、低遅延、低消費電力、ゼロパケットロスという特徴を備えたEthernetスイッチです。 パケットロスが、フレームロスにつながる可能性のある映像分野において、メラノックスが提供するゼロパケットロスは、Ethernetスイッチにさらなる信頼性を提供いたします。

‑ Mellanox Spectrum SN2100シリーズ
    1Uハーフサイズ 16ポート
    1/10/25/40/50/100 Gb/s Ethernetスイッチ
‑ Mellanox ConnectX-4 EN 100Gb/s Ethernetアダプタ
‑ Mellanox LinkXシリーズ 100Gb/sケーブル

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

ユニアデックス株式会社

http://www.uniadex.co.jp

4K/8K など大容量コンテンツの利用を快適にするファイル転送ツールやストレージ製品をご紹介します。
また、イベント会場などで1日から気軽に利用できるテンポラリWiFiサービスと低遅延・マルチアングル動画配信システムも合わせてご紹介します。

■新機能!ストリーミングにも対応:IBM Aspera
大容量ファイル高速転送に実績のある「IBM Aspera」が、ストリーミング送受信にも対応しました。新機能「FASPStream」はコモディティ・インターネット上で、ほぼリアルタイムのストリーミング配信を実現します。

■オールフラッシュストレージ:PureStorage FlashBlade / FrashArray
スケールアウト型NAS ブレードにより容易な拡張でペタバイト級の並列アクセス・高速ワークロードを実現する次世代ストレージ「FlashBlade」と業界で評価の高い従来型オールフラッシュストレージ「FlashArray」の最新機種を合わせてご紹介します。

■1日からのイベント用テンポラリWiFiとLive Multi Viewing
高セキュリティを実装したHPE Arubaを基盤にしたWi-Fiに超低遅延・高レスポンスを実現した Milive BOXの動画配信サービスをご紹介します。

株式会社ユニテックス

http://www.unitex.co.jp

ユニテックスは、4K・8K超高解像度映像のアーカイブに最適なLTOテープ製品をデモを交えて展示いたします。LTFS機能やアーカイブソフトウエアとの併用により、番組制作や収録等でメモリーカード・HDDへ撮り溜めたコンテンツをPCから簡単にLTOへアーカイブが可能です。
■LT70 USB LTO-7テープ装置
 LTFSをバンドルし、業界標準のアーカイブソフトウエアにも対応した唯一のUSB対応LTO-7テープ装置です。LTO-6、5モデルもご選択いただけます。
■FASTapeLT LTFS対応アーカイブソフトウエア
 簡単操作でLTOとHDDを自由に組み合わせて、最大4つの同時アーカイブを高速に行います。自動ベリファイ機能でコピーしたファイルの完全一致を確認出来ます。
■ArchiveLT LTOアーカイブソフトウエア
 独自のアルゴリズムによるデータ転送で高速アーカイブを可能にし、オフライン検索機能がアーカイブデータの管理を容易にします。オプションとしてスケジュール機能、コマンドおよびAPI等により他システムとの連携も対応可能です。

リーダー電子株式会社

http://www.leader.co.jp

リーダー電子は、4K波形モニターLV5490 / シンクジェネレータLT4610 / ラスタライザLV7390 / ポータブル波形モニターLV5333に新オプションを搭載して、機能が充実した製品を展示します。
ポータブル波形モニターLV5333は、HDR対応オプションを追加し、HDRゾーン表示、HDR波形表示に対応しました。
ラスタライザLV7390は、4K HDRオプションを追加し、4KフォーマットとHDRゾーン表示、HDR波形表示に対応しました。また、好評のフリーレイアウト機能が更に進化したエンハンストレイアウト機能が追加され、操作性が向上しました。
シンクジェネレータLT4610に12G-SDIオプションを追加し、4K 12G-SDIや4K 3Gクワッドでカラーバーや自然画が出力可能になりました。
LV5490は、カメラノイズメーターオプションを追加して、カメラのビデオノイズの測定を可能にしました。入力されたSDI信号をアナログ変換せずにフルデジタル処理でノイズを測定するため、高精度・高安定な測定を行うことができます。
他に新製品のチェンジオーバーLT4448や好評のLV5490 HDR / 12G-SDI / IPなどを展示します。

News

2017.06.02
6月2日(金)の入場者数は、1,456名でした。
More
  • After NAB Show Osaka 2017
  • Inter BEE
  • NAB Show
  • JPPA特別企画セミナー