出展者情報

出展者情報 / 出展者一覧 <50音順>

展示会場 UDX 2階「AKIBA_SQUARE」

(株)アイ・ディー・エクスhttps://www.idx.tv/jp
アイ・ディー・エクス_No41_IDX_AfterNAB

IDX技術の集大成、新世代PowerLinkバッテリーIPL-98・IPL-150を展示します。4個までのバッテリーをPowerLink(連結接続)し、大容量・大電力供給を可能とするだけでなく、長時間駆動を可能とするホットスワップ機能にも対応するバッテリーで、2ch充電器(VL-2000S)で8本(4x2)の連結充電が可能です。ワイヤレスシステム新製品として長距離複数伝送モデルCW-D10、一眼ムービーにもおすすめなレンズコントロールシステムの実演展示、さらに照明にも最適な大容量ポータブル電源の参考展示も行います。

アスクhttps://www.ask-media.jp

アスクはディストームブースと連携し、多種多様な製品群を組み合わせたNDI 対応ワークフローをご紹介します。

  • Softron 社のNDI対応インジェストシステム『Movie Recorder』, 送出システム『OnTheAir』
  • SKAARHOJ 社のプロビデオ業界向け外部コントローラー

その他にも、業務用カメラ / オーディオ機器に対応し、マルチカム素材の編集作業を効率化させるソリューションも見どころの一つです。

  • ・Bluetooth あるいは RF を利用してワイヤレスにタイムコードを同期する Timecode Systems社の TC/SYNC デバイス

アスクの幅広い取り扱いメーカーで、皆さま一人一人に最適なワークフローをご提案いたします。ぜひアスクブースにお立ち寄りくださいませ。

アスク/ディストームhttp://tricaster.jp

アスク/ディストームブースでは、米国NewTek社が推進する最新のNDIに対応したライブ映像プロダクション製品および周辺機器やソフトウェアを展示します。

  • ライブ映像プロダクションシステム『TriCaster TC1』
  • スロー/リプレイシステム『3Play 3P1』
  • 業務用SkypeTXを利用した相互通信システム『TalkShow』
  • NDI|HX対応PTZカメラ『NDI PTZCamera』
  • NDIコンバーター『Connect Spark』

その他、NABshowで発表した以下新製品についても説明員がご説明します。

  • 最新のNDIバージョン『NDI 4』
  • 『Premium Access』(TriCaster機能拡張ソフト)の新機能
  • 『VMCソフトウェア』
  • 『TriCaster 410 Plus』
  • 『Connect Spark Plus』
アリスタネットワークスジャパン合同会社http://www.arista.com/jp

アリスタネットワークスは、米国シリコンバレーに本社を置くイーサネットスイッチベンダです。400ギガをはじめとした高速なインターフェースを実装するイーサネットスイッチを設計・開発、業界をリードしています。

昨年は、放送・映像システムのIP化が本格化、IPの適用がリモートプロダクションからキャンパスに拡大した一年でした。

IPの適用が拡大するとともに帯域を意識したプロビジョニング(システム設定)、システムの管理と運用が顕著になります。展示ブースでは、アリスタの特長のひとつ、システム間連携を容易にするAPI(EOS eAPI)を活用した、システムの監視を紹介します。

数々の放送事業者が採用するシステム監視を体感ください。

伊藤忠ケーブルシステム(株)https://www.itochu-cable.co.jp
1. AWS OTTソリューションコーナー
NAB2019で大盛況だった同社ブースの展示群の中からOTTソリューションを紹介します。
2.Bitmovin新世代エンコーディングソリューションコーナー
新興ベンチャーながら映像配信システムシーンの中心に位置しつつあるBitmovinソリューションの中からエンコーディングの先進的アプローチを紹介します。
3.SRT Allianceコーナー
NAB2017で組成がアナウンスされ、2周年を迎えたNAB2019時点で200社以上の加盟を得たSRTアライアンスの中核技術をHaivision製品を通じて紹介します。
4.QCコーナー
4K・HDRのファイルQCに対応したVenera TechnologiesとHarding PSEチェッカーを展示します。また、AIを使ってシーン解析を行う最新ツールValossaを参考出品します。
5.ファイルベース制作コーナー
Telestream社Vantage 8とFacilis Technologyから新たに発表された4K編集ストレージの新シリーズFacilisHUBを展示。また、LTO、ODA、クラウドにアーカイブ可能な業界標準アーカイブソリューションXenDataをご紹介します。
6.SDR-HDRコーナー
CobaltDigitalからはTechnicolor社のエンジンを使用したSDR-HDR 双方向コンバーターと併せOpenGearフレームに実装可能なWin PCモジュールを展示。また、コンパクトなボックスタイプのb<>com SDR-HDRコンバーターを参考出品します。
EIZO(株)http://www.eizo.co.jp
EIZO_PROMINENCE_CG3145_press

HDRリファレンスモニターColorEdge PROMINENCE CG3145が使いやすさを進化させてバージョンアップ!NAB会場でも好評いただきました、EIZOのHDR制作ワークフローをたっぷりとご紹介します。
注目は4Kモニターを使用した4K HDR編集~リファレンス環境です。HDR「PQ方式」、「Hybrid Log Gamma方式」に対応した31.1型DCI 4K(4096×2160)のCG3145、CG319Xを2台並べ、編集の段階から正しい色で確認できるメリットを、目で見てご体感いただけます。さらに、CG3145はバージョンアップした新機能を日本で初めてお披露目します。このほかEIZOブースでは、昨年11月に発売しましたCG279XとMacBook Proを使った、ミニマムな2K制作環境もご提案。お客様の用途・環境に合わせて最適なモニターソリューションをご提案いたしますので、ぜひ会場に足をお運びください!
ご来場心よりお待ちしております。

AJA Video Systemshttps://www.aja-jp.com
AJA/アスク_KiProGo_FRONT_950px_v4

AJA ブースでは、NAB 2019 で発表された業界最先端の製品をいち早くご紹介するとともに、IP ビデオ、HDR、12G-SDI、4K、8Kなどのハイレベルな映像制作を実現する製品群をご覧いただけます。

  • 【NAB 新製品】マルチチャンネル H.264 レコーダー / プレイヤー『Ki Pro GO』
  • ProRes, DNxHD/HR 対応マルチチャンネル レコーダー / プレイヤー『Ki Pro Ultra Plus』
  • HLG、PQ、各種カメラ LOG など最新の HDR 規格と広色域データを分析するアナライザー『HDR Image Analyzer』
  • Colorfront Engine 搭載 HDR/SDR のリアルタイム変換が可能な『FS-HDR』
  • 日本語の Web UI 対応により、さらに使いやすくなった H.264 配信/収録デバイス『HELO』
  • 12G 対応 SDI ルーター『KUMO 1616-12G』
  • 【NAB 新製品】 SDI/HDMI → IP ビデオコンバーター『IPT-10G2-SDI / IPT-10G2-HDMI』
エーティコミュニケーションズ(株)http://www.bizsat.jp

映像音声データーなど緊急中継にも威力を発揮する、世界最小クラス小型衛星アンテナサットキューブ(Satcube)の展示。
またその他機動性に優れた可搬型衛星アンテナQCT90、CCT120など展示します、又ATC製SNG車の説明なども行います。

(株)エーディテクノhttp://www.ad-techno.com

弊社が日本国内正規代理店を務めるDIGITAL FORECAST社がNAB2019で公開した最新機器を本邦初展示。HDMI→SDIコンバーター[型番:UHD_HS]はHDMI2.0信号を12G-SDIとクワッド3G-SDI信号へ変換し、同時出力可能な4K 18Gbps対応コンバーターです。クワッド3G-SDI信号は2SIに対応しています。また、FHDやHD解像度のHDMI信号を入力した場合、シングル3G-SDIやシングルHD-SDIへの変換も可能です。簡易アナライザ機能搭載コンバーター[型番:X_TS mini]は5型液晶搭載のHDMI/SDIクロスコンバーターで現在発売中のX_NEO1_Plusの上位機種です。HDMI/SDIのループスルーチェック機能を新たに搭載。他にもエーディテクノの新製品4K@30p入出力対応フルHD IPS搭載フィールドモニター5型/7型3機種[型番:55HB/75HB/75SB]や、フルHD8.9型IPSパネル搭載 業務用マルチメディアディスプレイSDIモデル[型番:LCD8901S]、12G-SDI対応4K UHD12.5型IPS液晶パネル搭載モニター[型番:UH1250S]、その他、企画中新製品の参考品を多数展示します。この機会にぜひ弊社ブースへお越しください。

ATV(株)http://www.atvcorporation.com

4K

  • ■HDMI2.0 2ch 1M/E AV Mixer 『A-PRO-1』※発売中
    4K60p対応のミニマムAVミキサー。2入力2出力の最小構成。合成各種、静止画STILL、4K/HD間のUP & DOWNコンバート、フレームレート変換、リモート制御、複数台連動、信号断による自動切換、等々。

2019年7月発売予定

  • ■HDMI2.0 4ch Multi-format Seamless Switcher 『AV-4K-4X1』
    HDMI2.0、HDCP2.2/1.4対応。マルチフォーマット入力。ディゾルブ切替、4画面マルチビュー、P in P等の設定をプリセット記憶、RS-232、IR、LANによるリモート制御、等
  • ■HDMI2.0a 4ch Splitter『AV-4K-1X4』
  • ■HDMI2.0 to 12G-SDI Converter『AV-4K-HS』
  • ■12G-SDI to HDMI2.0 Converter『AV-4K-SH』

FHD

  • ■Video Converter 『AV-5S/AV-3 SERIES』※発売中
    SDIとHDMIを繋ぐハイスペックコンバーター。フレームバッファ機能、各種ソースに自動対応、外部シンクロ、音声入出力等。
エヌ・イー・ピー(株)http://www.nepinc.co.jp
【撮影便利アクセサリーを展示します】
アメリカNABで出展をした超強力アーム・カーボンポール・バッテリーチェッカー・見やすいハンドヘルドカメラ用レインカバーなどを展示します。また、SmallRig社商品も展示します。
エムアイシー・アソシエーツ(株)http://www.micassoc.co.jp
エムアイシーアソシエイツ_diagram-Tiger-FAN

Tiger Technology社製「Tiger Bridge 3.5」を発表する。Tiger Bridge は、シームレスにローカルストレージとクラウドストレージをブリッジするミドルウエア。ユーザーは、クラウドを意識することなくローカルストレージを使用し、HMS Tiering / Data Life-cycle マネージメントをポリシーベースで実現。さらに、地球規模の複数サイト間でのデータ同期により、高いディスクリカバリを提供。
また、4K・8K対応の映像編集向け大容量データーワークフローエンジンTiger FANを展示。Windows、Mac、Linuxをサポート。Thunderbolt3、FC、iSCSI、IBなどのSAN、IP-SAN (40Gb、10Gb、1Gb Ethernet)を混在して接続可。DAVINCI RESOLVE によるプロジェクトの同時編集や、Avid Media Composer、Final cut Pro X 、Adove cc、EDIUS、Autodesk、3Dなどあらゆる編集アプリに対応。

ANGELBIRD/銀座十字屋https://dirigent.jp

メディアおよびエンターテインメント産業に従事する、プロのコンテンツクリエイターの厳しい要求のために特別に設計された記憶メディアの開発と製造を行う、オーストリアAngelbirdの記録メディアを展示いたします。
Atomosモニターレコーダーでの4Kワークフロー用に開発されたAtomos認証SSDや、シネマカメラやレコーダーデッキ用に開発されたSSDなど、プロの映像制作現場に最適なソリューションをご紹介。他にもDSLRでの撮影・収録に適したCFast 2.0カードや、ビデオスピードクラスV90に対応する高速なSDXCカードなど、幅広いラインナップを一堂に展示いたします。
Angelbirdの製品は、大手デバイスメーカーやカメラメーカーとの密接な協力により、最高の互換性とデバイス性能を念頭に置いて、細心の注意を払って設計および製造が行われています。品質と細部にまでこだわって開発された「コンテンツ制作に特化」した記録メディアを、ぜひご覧ください。

(株)キャムキャスト7http://www.camcast.jp
キャムキャスト7_BOLT4K
  • ●ワイヤレスビデオシステム [ BOLT 4K ]
    非圧縮の2160p60 HDRビデオを、ほぼ無遅延で伝送する次世代のワイヤレステクノロジー。シグナル性能は従来BOLTの8倍、伝送距離は1.5倍。これまでのBOLTの中で最も堅牢なワイヤレスシステムです。(モックアップ展示を予定)

  • ●シネマカメラレンズコントロールシステム [ Teradek RT ]
    ラインナップを一新。レンズモーター、レシーバ-、コントローラが、さらに「超高速、高精度、軽量」に生まれ変わりました。ペアリングしたSmallHDモニターに主要なレンズデータをオーバーレイ表示したり、RED DSMC2にシームレスに装着してカメラパラメータをコントロールできるACIシリーズなど、ユニークで便利なモデルや機能が特長です。iOSデバイスからのレンズコンkトロールが可能な専用iOSアプリケーションも近日提供予定。

  • ●小型軽量ワイヤレスビデオシステム [ Teradek ACE ]
    BOLTの信頼性と基本機能を受け継いだ新プロダクトライン。1080p60ビデオを最長150m先へ、送信機1台から受信機最大4台に同時に伝送することができます。本体重量がBOLTのおよそ60%という超軽量が特長です。

  • ●7インチモニター型ワイヤレスシステム[ Cine 7 500 ]
    SmallHD社のプロフェッショナル7インチモニタCine 7と、Teradek BOLT(ワイヤレスビデオシステム)、Teradek RT(シネマカメラレンズコントロールシステム)の一体型製品。最長150m先まで映像音声をワイヤレスで伝送したり、カメラレンズの主要データをオーバーレイ表示できます。別売ライセンスでARRIカメラコントロール機能の追加が可能。(RED, SONY用も順次発売予定)

共信コミュニケーションズ(株)https://www.kycom.co.jp

共信コミュニケーションズでは、ブースを3つのコーナーに分け放送局やポストプロダクション向けのソリューション展示をいたします。

  • ① 4K8Kハイエンドフィニッシングシステム「SGO Mistika Ultima」に加え、NABでリリースされたUltimaの機能はそのままにWindows/MacOS版の「Mistika Boutique」を展示いたします。更に最新のStorNext 6.2を搭載したQuantumストレージより、次世代のNVMe高速ストレージ「Fシリーズ」並びにポータブルNASソリューション「Rシリーズ」をご紹介いたします。
  • ② NABで発表されたオフサイト・ストレージソリューション「Avid NEXIS | Cloudspaces」と、新しいUIに刷新されより使いやすくなった「Media Composer 2019」をシステムで展示いたします。
  • ③ Dalet AmberFinを用いたトランスコードのワークフローを展示いたします。高品質なメディア変換を自動化することで、生産性を飛躍的に向上させることが出来ます。

是非弊社ブースへお立ち寄りください。

クラウディアン(株)https://cloudian.com/jp
クラウディアン-Logo-Square

クラウディアン「HYPERSTORE」は、メディア・エンターテイメントコンテンツ、4K/8K等の莫大に増え続ける資産データの保存、メタデータの自動タグ付け、保存されたメディアの検索に最適なスケールアウト型アクティブアーカイブ用ストレージ製品です。従来のディスク・システムよりも拡張性と費用対効果が優れており、70%少ないコストでペタバイト級のスケーラビリティを実現します。

クロスイメージング(株)http://crossimaging.jp

クロスイメージング株式会社は、放送メディアに向けた地震・津波などの防災情報送出システム、気象情報システム、緊急地震速報システム、CATV向けお天気チャンネルシステムなどを出展します。
迅速かつ正確な情報伝達が求められる放送業界のニーズに対応するため、アプリケーション・ソフトウェアはもちろん、グラフィックスボード、ドライバや各種デバイスも自社で設計開発し、保守運用サービスまで一貫したソリューションを提供しております。今後気象庁より新たに提供されるGPVなどのビックデータに対しても、タイムリーに対応できる体制を整えております。
長年にわたる経験とノウハウを生かし、高速かつ安定稼働を実現しており、日本全国のテレビ局様、BS,CS局様、ケーブルテレビ様などで現在も日々ご利用を頂いております。

(株)コスミックエンジニアリングhttp://www.cosmic-eng.co.jp

4K/12G対応のカメラアダプタ、オーディオモニタ、C5000モジュールシステムを含めた最新の放送映像関連製品をご紹介いたします。実機を見て、触れていただけるブースになっております。ブースへのご来場お待ちしております。

(株)Cominixhttps://www.cominix.jp
【8Kを超えた映像を民生品レベルで表現します】
4K映像が普及し、次のStepとして8Kが期待されています。
現在の規格では4Kの4倍の画素数ながらfpsや色情報に劣りがあることは知られておりません。当社ではPanasonic様のご協力のもと低価格で8Kを超える映像を表現出来るシステム構築を目指しています。HDMI2.1は通過点と考えた上で、まずは48Gbpsではなく、100Gbpsを想定した製品を紹介します。
【4K映像を映し出す格安HDMIケーブル】
4K(4:4:4)対応のHDMIケーブルを安価でご提供いたします。高強度・耐久性があり細い隙間でも簡単に通すことができる商品となっております。低価格と在庫運用で即納もご対応いたします。
【光ケーブルで多チャンネルの伝送を1本で賄えます】
イベント会場などの相当数のケーブル配線を12ch1本の光ケーブル(SPIDER)で配線作業を効率化させます。
光ファイバーと感じさせない耐久性も実現し現場のニーズに応えたご提案をいたします。
メラノックステクノロジーズジャパン(株)https://www.servants.co.jp

Mellanox EVF(Ethernet Video Fabric) ソリューションを中心とした展示を行います。

EVFソリューションの中核となるSN2000シリーズは、自社開発のSpectrum™スイッチシリコンによる低遅延、提供する帯域幅に偏りを生じさせない単一の共有バッファ、ゼロパケットロスといった、優れたハードウェアデザインを備えた、100ギガビット対応のイーサネットスイッチです。
放送のIP化に必須となるPTP、テレメトリをはじめとする様々な機能を備えているだけでなくスイッチ上にDockerによる準仮想化機能を搭載することでAMWA NMOS 仕様のIS-04/05機能、IGMPとP4言語によりビデオフレーム端でのスイッチング機能などの実装といった様々な機能を追加できる柔軟性を備えています。

加えて、圧縮アクティブビデオのタイミングモデルに対応した ConnectX-5 とRivermaxにより、ホストアプリケーション側が意識することなく、SIMPTE2110-21への対応が可能です。また、AnalyzeXソフトウェアにより、タイミングモデルに適合しているかの可視化もできます。

是非、お立ち寄りください。

(株)シーンズhttps://scenes.co.jp
ポータブル蓄電池PowerGo
撮影先で電源がない、発電機は重く・うるさく・煙くて利用できない、そんなお悩みを解決するのが、いつでもどこでも手軽に電源を持ち歩ける「ポータブル蓄電池 PowerGo(パワーゴー)シリーズ」です。蓄電容量144Wh-5656Whと幅広い蓄電容量ラインナップで、TPOに応じた商品選別ができます。オプションのソーラーパネルを接続すれば太陽光で本体を充電することも出来るため、緊急時のサブバッテリーとしても活用可能です。
さらに、「ポータブル蓄電池レンタル」にも対応します。予算・資産管理・保管の都合で購入が難しい方にも、必要な時にだけご利用いただけます。
<利用例>深夜帯に住宅街で照明を点灯させる(騒音、排気ガス防止)・電源確保できない屋外モデル撮影でヘアセットのためにドライヤーを利用(高出力電源確保)・火気厳禁の建築物内でのストロボ利用(燃料不使用、高出力電源確保)
ジャパンマテリアル(株)http://www.jmgs.jp
<Matrox Monarch EDGE>
Matrox社のMatrox Monarch EDGEは、最大解像度 3840×2160(4:4:4@10ビット)対応するブロードキャスト向けのマルチチャンネルH.264エンコーダー。
映像入力としてSMPTE ST 2110や12G SDIをサポート。
中継現場からスタジオに映像をIPストリーミングで伝送。放送の新しいワークフローをご提案する。
<Matrox X.mio5 Q25>
Matrox社のMatrox Xmio.5は、25GbEおよび10GbEインターフェイスに対応したマルチチェンネルビデオI/O.。
マルチチャネルHDR変換機能、ディインタレーシング機能、合成機能を持ち、CPUの負荷を掛けずにハードウェアベースでIPパケット化に対応する。
豊富な機能に対応するSDKにより、OEMパートナーのST 2110ソリューションの製品化をいち早くサポートする。
<KarismaCG RDL>
Visual Research Inc.社のKarismaCG RDLは、テロップやCG、カット編集も同時にリアルタイムで処理するグラフィックス編集システム。ノンリニア編集とのデータ連携を効率良くおこなうことで、作業のスピードアップを実現する。
セイコーソリューションズ(株)https://www.seiko-sol.co.jp
セイコーソリューションズ_TS-2950_AC_037(S)

今回出展の「Time Server Pro. TS-2950」は、PTP(IEEE1588v2/SMPTE ST 2059-2)に対応したグランドマスタークロックです。BlackBurst信号や10MHzの周波数入力にも対応するなど、現在放送局で必要とされている「タイム」をすべてご提供すべく機能拡張を進めています。また高精度PTPに基づくBlackBurst信号出力にも対応し、Video over IPへの移行期のタイミングソースとしてもご利用いただけます。
また、PTP(IEEE1588v2/SMPTE ST 2059-2)に対応した「Sync Generator PTP(仮称)」も参考出品します。高精度なPTPを受けて、BlackBurst信号、LTC、Word Clockなどの出力に対応し、既存放送同期システム対応機器にタイミングを配信します。
8K時代の放送伝送を強力にサポートする時刻同期ソリューションをご提案します。
さらに、各種展示会やイベントを通して、放送業界のStudio Video over IP(SVIP)展開に向けての相互接続試験にも積極的に参加していくことで、PTP 同期技術のノウハウを蓄積し、放送業界のお客様により良いソリューションをご提供していきます。

TVLogichttps://www.idx.tv/jp
TV Logic_No40

NABで発表した2つの新しいフルHDモニターを展示します。F-7H mk2は、F-7Hのアップグレード版・最大輝度3,600nitで各種プロ用機能を備えた7インチフィールドモニター。プロ用機能も各種備えています。 F-5Aは新しいコンパクトな5.5インチのカメラモニターで、HDMI・SDIクロスコンバージョンを備えたデュアルSDIおよびHDMI 1.2を装備しています。また昨年のInterBEEでもHDR画質に注目が集まった4K12G対応の高画質モニター LUM-313G、LUM-318Gも展示しますので、実際の映像を会場でご覧ください。
さらに昨年より事業を譲り受けTVLogicブランドとして取扱を開始したイメージプロセッシングシステムの、IS-mini 4K、NEXTO DI メモリーカードバックアップ装置のNPS-10がそれぞれ新製品として登場します。

(株)テクノハウスhttps://www.technohouse.co.jp

IPシステムの導入事例に於いて、世界ナンバーワンの実績を持つevertz(エバーツ)からは、新製品のメディアプロセッシングプラットフォーム「SCORPION」シリーズを国内で初めて展示致します。従来のダークファイバや10/25/40/100GbEネットワーク上でビデオ、オーディオ、イーサネット、データを同時に転送できる高密度信号変換、ルーティング、アグリゲーション、トランスポートプラットフォームです。 AVIWEST(アビウエスト)からはモバイルエンコーダ「PRO380」を展示致します。H.265/HEVCハードウェアを搭載したモバイルエンコーダ&トランスミッタ製品です。最大で8枚のSIMカードを挿入することが出来、低遅延(最小1.5秒)で安定した映像の伝送を実現します。また、ハーフラックサイズのUHDエンコーダ「HE4000」も併せて展示致します。こちらのエンコーダはUHDだけではなく、4つのHDを同時にエンコードすることも可能な製品です。併せて、それらをまとめて受信、デコード出来るレシーバープラットフォーム「STREAMHUB」も同時に展示致します。

デジキャス合同会社http://www.digicas.jp

eスポーツ向けソリューションとして、ROSS Video社のグラフィックス(Xpression)・マルチディスプレイプロセッサ(Xpression Tessera/ Carbonite Masaic)・リプレイシステム(Mira)の展示。
IPソリューションとして、IPゲートウェイ(Embrionix)・SDN(SILKNET)・IPマルチビューワ(TAG)・ブロードキャストコントローラ(KSC Core)の展示をします。

(株)Toohttp://www.too.com

映像系展示では8KReady編集ターンキーシステムを展示いたします。 「Adobe Premiere Pro CC」などが快適に操作可能、DP,連番,HDR,HLGにも対応しています。ブースにて体験可能ですので是非お越しください。 CG系展示ではAutodeskの新しいクラウドベースのプロジェクト管理ツール「Shotgun」をご紹介します。 Shotgunは、映像・アニメ制作などにおいて、工程管理やバージョン管理に威力を発揮します。さらにレビューや仕様書のやり取りといった、チーム間の連携ツールとしても強力な機能を備えています。 また、付属のハイエンド連番再生ツール「RV」も合わせてご紹介をします。チェック用の外部出力や、ローカルファイルとShotgunの橋渡しとしてスムーズな作業進行を支援します。 国内での導入が着々と広がる中、ぜひこの機会に一度ご覧ください。

日本アイ・ビー・エム(株)https://www.ibm.com

FOX Sports 社が FIFAワールドカップ 2018 のライブ映像配信で採用した低遅延・高品質な IBM Aspera ストリーミング技術のデモを展示します。また、国内でも引き合いの多い SaaS ソリューション "IBM Aspera on Cloud" の最新情報についても展示します。ラスベガスの NAB Show のブースでも解説した技術者がお待ちしておりますので、ぜひ IBM ブースまでお立ち寄りください。
IBM Aspera は、特許技術である "FASP(Fast Adaptive and Secure Protocol)" を使って、高速転送・高品質ストリーミングを実現するソリューションです。

日本コントロールシステム(株)https://www.nippon-control-system.co.jp

フルスペック8K(4320p、120Hz、12bit、HDR)対応機器を展示いたします。
▽非圧縮データレコーダ「DRB8000シリーズ」は、フルスペック8Kの非圧縮映像データを最大60分録画可能です。簡易編集やプレイリスト機能にも対応しており、高精細パネルや画像処理アルゴリズムの評価/デモにもご利用いただけます。
▽マルチファンクション解析装置「DAB8000miniシリーズ」は、UHDTV映像データの解析機能を1台に集約したマルチファンクション解析装置です。パターンジェネレータ、インタフェース変換の機能も搭載し、日常業務から研究開発まであらゆる場面でご利用可能です。
▽インタフェース変換装置「DCB8000シリーズ」は、U-SDI、12G-SDI、DisplayPort、NMI、TICOなどの各種インタフェースの相互変換をサポートし、8K向け機器の相互接続を可能にします。

日本デジタル・プロセシング・システムズ(株)http://www.dpsj.co.jp

DPSJブースでは、弊社で取り扱っている海外の最新ソリューションを展示いたします。新製品といたしましてMagewell社製NDI相互変換コンバーター「Pro Convert」ファミリーを中心に、 オンラインビデオサービス向けの包括的なビデオ分析およびビジネスインテリジェンス・プラットフォーム「YOUBORA Suite」、HTML5ビデオプレイヤー「THEOPlayer」、メディア管理 / インジェスト / 再生ソリューション「Metus」、HEVC対応ライブビデオエンコーダ・デコーダ「Teradek CUBE」、ストリーミング配信プラットフォーム「Media DS」、QoS対応映像伝送ソリューション「Zixi」等、幅広く展示を行います。

(株)ニューエックスhttp://www.newx.co.jp
ニューエックス_METADATA_EDITOR
  • ■cineXtools / cineXplugin
    スタンドアローンソフトウェアのcineXtools は、NLEから最終工程で出力されたファイルにたいして直接インサート編集を可能とします。ポストプロのリテイク作業に大きな省力化をご提供致します。対応OSは、Mac/Windowsです。
    対応解像度は、SD~8K、コーデックは、ProRes / DNxHD/DNxHR/XDCAM HD/XAVC/AVCです。
    新機能:MetaDeta Editrを披露予定です。

  • ■CIS 高画質小型4Kカメラ
    4K UHD/Full HD HDR対応スモールカメラ
    SONY Pregius IMXグローバルセンサー搭載
    4KカメラであるVCC-4K2は4K UHD出力が可能で、BT.2020の色域や最大1200%の HDRを持ち HLG (Hybrid Log Gamma) で出力することができます。

  • ■mLogic mSpeed 4K/8K対応RAIDストレージ
    mSpeed 8 / 12ベイThunderbolt 3 RAIDエンクロージャ、4K、8K / VRワークフロー用に設計されており、プロフェッショナル向けの強力なストレージソリューションです。

(株)ねこじゃらし/(株)モルフォhttps://setaria.cloud
Setaria.cloud(セタリア・クラウド)

ねこじゃらしとモルフォは、NAB Show 2019 にて紹介した映像処理クラウドプラットフォーム「Setaria.cloud(セタリア・クラウド)」を展示します。Setaria.cloud は、モルフォの独自アルゴリズムによる映像処理を、ねこじゃらしの技術によりクラウド上で使用可能にしたサービスです。

●主な特徴
①超解像・フレームレート変換・ノイズ除去など『複数の映像処理技術を搭載』
②クラウドの強力なコンピュータリソースを駆使した『高速な映像処理』
③多様なご利用シーンを想定した『複数の映像フォーマットへの変換に対応』
④作業マシンのスペックに依存しない『Web アプリケーションでのご提供』
⑤お使いのクラウドストレージと連携させることで『蓄積された映像への処理が可能』
⑥様々なシステムやサービスから映像処理機能を利用可能にするため『Web API も公開予定』

クラウドでの映像制作・効率化・自動化にご興味をお持ちの方、ぜひ出展ブースへお立ち寄り下さい。

(株)バイオスhttp://www.bios.co.jp
BIOS_EclairSeriesStorage

AfterNAB Show2019では4K編集で快適な環境を提供する『EP106TB3 Series』と、8K編集で作業時間を改善するThunderbolt3インタフェースの高速ストレージ『EP112TB3 Series』を展示致します。 これからの放送・映像業界で必要となる大容量データ編集に快適な環境を提供します。
その他、重要性が高まるセキュリティー対策に向けに『EP25CB3Series』をご用意。 ICカードとパスワードで保存ボリュームのロックを解除する他には無いセキュリティー対策ポータブルハードティスで、重要なデータの流失を防ぎます。 EP25CB3は保管や持ち運びに便利な専用プラケースに入れてお届け致します。 専用プラケースに入れて管理はしたいが、セキュリティー対策までは、今は必要の無い方には新製品『EP25SB3Series』をご用意しております。 バイオスではメルコグループの強みを生かしたデータ復旧サービスもオプションも御用意、あなたの会社のデジタルデータを支えるバイオスブースへ是非、お立ち寄りください。

パナソニック システムソリューションズ ジャパン(株)https://pro-av.panasonic.net/jp/eva1
CX350
4K/HDR/10bit60pの高画質、ライブ配信・IP接続のユーザビリティ。
次世代に備える映像力と対応力、新“CX”シリーズ・カムコーダー。

ノンシナリオベースのTVスタイル撮影を中心に、イベント、スポーツ、ドキュメンタリー、報道、ウェディングや、文教市場と幅広いターゲットとしています。
ビデオトロン(株)http:www.videotron.co.jp

12G対応マトリックススイッチャー MTX-70U-1616、12G対応フレームシンクロナイザー FS-70Uを参考出展。12G対応ラインシンクロナイザー AVDL-70Uを出展いたします。12G信号システムでカラコレ、同期、スイッチングを実演いたします。
4K制作設備が拡大しているなか、弊社のVBUSモジュールシステムは、12G-SDI対応モデルラインアップを拡充してまいりました。これにより4KシステムをVBUSフレームで完結することが可能となりました。
4K設備を構築する上で鍵となる12G-SDI製品を継続して取り組み、今後も様々な提案をしてまいります。
また、HDMI入力信号のログ取得をおこなえることにより、HDMI民生機の長期安定運用が可能なHDMI/DVI to SDIコンバーター HMS-70を出展いたします。

(株)フォトロンhttps://www.photron-digix.jp

NAB2019で発表された Avid、ROHDE&SCHWARZ、Telestreamの最新プロダクトを出展します。また、フォトロン取扱いプロダクトの最新技術情報も詳しくご紹介します。

●Avid
「MediaComposer」最新バージョン、クラウドソリューション「MediaComposer|Cloud VM」、「MediaCentral|Editrial Management」などの最新システムを展示します。
●ROHDE&SCHWARZ
Netflixなどの納品形式である「IMF」パッケージ作成ワークフローやカラースペース変換をご紹介します。
●Telestream
トランスコード、フレームレート変換など、ビデオプロセッシングをワークフローデザインによってオートメーション化する基幹ソフトウェア「Vantage」を展示します。
ブラックマジックデザイン(株)https://www.blackmagicdesign.com/jp
ブラックマジックデザイン HyperDeck-Extreme-8K

今年のAfter NAB Showでは先進の8K対応製品群に加え、全く新しい編集スタイルを提供する、DaVinci Resolve 16をご紹介します。
ATEM Constellation 8KはUltra HD対応のライブプロダクションスイッチャーで、数多くの機能を搭載しており、8Kモードに切り替えるとそれぞれの機能が統合され、パワフルな8Kスイッチャーとして使用できます。
HyperDeck Extreme 8K HDRは、HyperDeckの定評ある信頼性に新たな機能と技術を組み合わせたデッキです。容量が節約できるH.265ファイル、内部キャッシュ、3D LUT、ネイティブ8K、HDRなどをサポートしています。
Teranex Mini SDI to HDMI 8K HDRは、大画面テレビやビデオプロジェクター向けの高度な8Kモニタリングソリューションで、サードパーティ製のプローブを接続して、ディスプレイを正確にカラー調整します。
また、DaVinci Resolve 16には新たに学習機能が搭載され、顔認識、スピードワープ、自動カラーバランスおよびショットマッチ、オブジェクト除去など、パワフルな新機能が搭載されました。さらにはEditor Keyboardの登場により、マウスを使った編集より格段に速い編集スピードを実現します。

(株)ボーンデジタルhttps://www.borndigital.co.jp

最新のAfter Effects CC、新たに登場したAdobe Stockクレジットパック をブース内でご紹介します。さらに映像制作に欠かせないAfter Effects関連プラグインもご紹介!
映像制作関連の弊社出版書籍も展示即売会を行います。
お気軽にお立ち寄りください。
ブースでアンケートにご協力いただいた方にノベルティもプレゼントします。お楽しみに!

(株)マクニカhttp://www.macnica.co.jp

Macnica 製 ST2110 IPコア -Intel FPGA向け-とMellanox社製PTP 対応 イーサネットスイッチ を使用したSMPTE 2110-10/20/21/30/40 のシステムデモ及びIntel社製 次世代FPGAをご紹介。Video over IP を実現する上で必要となるComponent Level から System Level までを展示します。

MEDIAEDGE (株)https://www.mediaedge.co.jp

ATOMOSの総輸入元であるメディアエッジブースでは、NABSHOW2019にて発表した新製品、Shinobi SDI、ATOMX SDIモジュールなどを出展致します。
定評のあるNinja VにATOMX SDIモジュールを組み合わせることで4K60pまでのSDIに対応。
軽量なHDR対応モニターSHINOBI SDIは、HDMI1.4/HD-SDIに対応した業務用モニターで、HD-SDIのループアウトで最大100m離れたモニターで映像を確認できます。
NABSHOWでの最新情報もご紹介致します。ぜひ、実機をご覧にお立ち寄りください。

(株)メディア・インテグレーション/ROCKONPROhttp://pro.mioc.jp
メディア・インテグレーション

Filebaseへと一気に作業環境が刷新されている昨今、Audio Post Production作業にとってVideoの再生エンジンはまさに円滑なワークフローの実現のために必須となる重要なポイントです。AVID Pro ToolsをコアとしたシステムをインテグレーションするROCK ON PROでは、Audio Post Production Workflowを加速するアプリケーション「Video Slave 4 Pro」を中心に、いま制作現場が抱えるフラストレーションを解決するソリューションをご提案します。Pro Toolsシステム、共有サーバーを使ったワークフロー、課題解決やシステム構築についてもご相談ください。また、NAB Show 2019へ向かったスタッフから、今年のトレンドなど情報共有もさせていただきます。ぜひ、ROCK ON PROブースにお立ち寄りください。

(株)ユニテックスhttp://www.unitex.co.jp

当社ブースでは、様々なデータを利活用していくために必要となる保存、管理を実現する製品を展示します。
例えば、4K/8K高解像度の大容量データや放送・映像業界でも導入が進んでいるAIの学習データなどの長期保存、古いメディアを修復・デジタル化・変換し後世へ残していくサービスなど、「データのこれから」に着目した製品をご提案します。
最新の大容量LTO-8 (非圧縮12TB記録可能) をサポートし、240MB/secの高速スピードを実現する世界で唯一のUSB3.0 LTO-8テープ装置「LT80H USB」、PC内蔵でタッチパネル搭載、ネットワーククライアントからの実行にも対応した「多機能型 Dual LTO」。LTOテープ及びHDDなどへの高速・確実なデータ保存を実現するコピーソフトウェア「UNITEX FASTapeLT」、オプティカルディスク・アーカイブにも対応した、メタデータを含むオフライン管理機能を提供する「UNITEX ArchiveLT」など、実際にデモンストレーションを交えながらご紹介していますので、是非この機会に当社製品を実際にご覧ください。

(株)RAIDhttp://www.raid-japan.com

NAB2019で出展された新規商品を中心に展示を行います。

SmallHD社製CINE-7,Focus7,702 Touchモニター
Teradek社製Bolt4K,Ace500,Focus7 Bolt, Teradek RT
BEBOB社製Bマウントバッテリー、
Bright Tangerine社製カメラアクセサリー、
Cineroid社製新規LED光源
INNOVATIV社製Voyagerカートなどを予定しております。